※ネタバレあります。

[戦闘]

・マップ・配置を活用
・敵の行動範囲、射程、特攻だけでなく、スキルも見落とさない
・杖、祓串キャラのレベルを上げを忘れない
・竜脈を使うタイミング
・支援レベルを上げる
(5人同時に絆を深める方法)
記事
(結婚、スキルの継承、子供の髪色)
記事
※主人公とスズカゼの支援レベルが
A以上なら残留。B以下なら離脱。

[感想]

どの道にも既に多くの暗夜兵が配備されています。
その数は数千・・・
新たな道を探しているとガルーの群れに遭遇、
戦闘になりました。

〇スズカゼ・・・
カムイが優しいから忠誠を誓っているんですね。
こんな風に慕われたら、どれだけ幸せなんでしょう。
会話を見ているだけで心が温まります。
余談ですが・・・
スズカゼとサクラを結婚させる予定なので、
カムイとはきょうだいになります(笑)

(カムイ)
俺は、いくら謝っても
許されないことをした・・・

(スズカゼ)
いえ・・・今日のことは、
あなたの罪ではありません
罪があるのは、
あの罠を仕掛けた者です。
どうか、思いつめられませんよう・・・
そんなあなただからこそ、
私は忠誠を誓っているのです。
辛い時は、いつでも言って下さい。
私はいつでも、あなたのお傍におります。
信じていましたから。
カムイ様が私の手を、
最後まで掴んでいてくれると。

(カムイ)
・・・ありがとう。

〇カムイ
ガロン王も同じことを考え方をしてくれたら、
争わなくてすむのですが・・・
以下リョウマとの会話です。

(リョウマ)
光の届かぬ暗夜王国でも、
唯一、太陽を望める場所がある。
どれだけ暗い闇の中でも、
光の見える場所は必ずある。
それが今・・・
お前の立っているところだ。

(カムイ)
いつか暗夜と白夜の両国に、
この太陽の恵みを分かち合える時がくるといいな。