※ネタバレあります。

[戦闘]

・マップ・配置を活用
・敵の行動範囲、射程、特攻だけでなく、スキルも見落とさない
・杖、祓串キャラのレベルを上げを忘れない
・竜脈を使うタイミング
・支援レベルを上げる
(5人同時に絆を深める方法)
記事
(結婚、スキルの継承、子供の髪色)
記事

※アシュラ
・射程3(2マス以内から攻撃すれば反撃を受けない)

※竜脈
・4回、範囲回復ができる

[感想]

暗夜王国の地上は無人のようですが、
地下には街があり、賑わっているようです。

〇リョウマ
リョウマは王の鏡ですね。
白夜王国が勝利したら、暗夜王国がもっと豊かになることは
間違いなさそうです。
支配でなく・・・共存を目指したいのでしょう。

(リョウマ)
持つ者が、持たざる者に与えてこそ、
憎しみ合う気持ちのない世界は作られるのだから。
食べきれないほどの食糧は、ただ腐るだけだ。
だったら、余った食糧を飢えた人に与えるべきだろう。

〇暗夜王国の実態
地上はとんでもない状態のようです。

(サイラス)
用もないのに外をうろつけば、
野盗かノスフェラトゥの餌食
僅かしかない食べ物や明かりを取り合って、
争いごとが絶えない。
だから、太陽を求めて他の国を侵略するしか、
生き延びる手立てはない

〇王都の地下
地上は無人のようですが・・・
地下にはひとや店がたくさん・・・
庶民の生活のための街があるようです。
街の存在を城にバレていない様子。
(バレたら規制されそう・・・)

わたしは・・・
地下だからちょっと臭そう・・・
と思ってしまいましたが・・・^^;
暗夜の人々にとって大切な場所なんですね。
鼻をつまんで何か食べにいきたいです。

〇エリーゼ
花売りの少女姿・・・可愛いです。
エリーゼは王女じゃなくても十分やっていけそうですね。
王女じゃなかったほうが幸せだったかもしれません。

〇ガロン王の結婚歴
3回ということでしょうか?
相手は死んでいる?
この事件の裏には何かある臭がプンプン・・・
・エカテリーナ (マークスの母)
・シェンメイ(アクアの母)
・妾(エリーゼの母)

まとめ・・・
暗夜王国では描かれなかった部分が
白夜王国では描かれています。
(その逆もあります)