※ネタバレあります。

[戦闘]

・マップ・配置を活用
・敵の行動範囲、射程、特攻だけでなく、スキルも見落とさない
・杖、祓串キャラのレベルを上げを忘れない
・竜脈を使うタイミング
・支援レベルを上げる
(5人同時に絆を深める方法)
記事
(結婚、スキルの継承、子供の髪色)
記事

※制圧する前に敵からアイテムを入手する
※宝箱なし
※氷を壊したあと、敵が出現することがあるので、
他のユニットを行動可能な状態にしておく。

[感想]

カムイたちは、
「炎の紋章」について教わるべく、イズモの都を目指しました。
まさか・・・の展開が待っていました。

〇イズナ
軽い印象しかなかったのですが・・・
つくづく・・・わからないひとでした。
でも、嫌いじゃないです。
(イズナ一族の言い伝え)
明るき道、昏き道、
どちらも歩めぬ迷い人が訪れたとき・・・
我が一族がもう1つの道を示す・・・ってね!

(アクア)
どういうこと・・・?
その迷い人ってもかして・・・
カムイのことなの?

(イズナ)
んーたぶんそうだと思う。
だから、ボクが道を示さないと。
それじゃ、儀式を行って、
古い神に聞いてくるよ。
古の神・・・美女だといいけどな~!
ごっついのでてきたらどうしよう・・・
・・・
お、おまた~

(カムイ)
イザナ公、どうしたんですか!
そんなに憔悴してしまって!

(イズナ)
古の神から・・・神託をもらったよ・・・
ボクにもよくわからないんだけどね・・・
とりあえず・・・
竜に会えって・・・ってさ・・・
ま、意味はそのうちわかるっしょ~・・・
なんせ命をかけた神託なんだからさ・・・
儀式を行うには・・・
ボクの命が必要だったの。
神託への・・・対価としてね。

(カムイ)
どうして、
命を失うことを、何も言わずに・・・