※ネタバレあります。

[戦闘]

・マップ・配置を活用
・敵の行動範囲、射程、特攻だけでなく、スキルも見落とさない
・杖、祓串キャラのレベルを上げを忘れない
・竜脈を使うタイミング
・支援レベルを上げる
(5人同時に絆を深める方法)
記事
透魔(暗夜と白夜の結婚)
記事

※宝箱
・制圧前に入手
(右上)エクスカリバー
(右中)リカバー
(左中)守獣石
(左下)銀の暗器
※竜脈で道を開く
・王族が多いほうが有利

※敵将
・杖が2種類ある
・大祭、神風招来の対策が必要

[感想]

ロンタオの裏切りに決着をつけたカムイたちは、
深い森へと足を踏み入れる。
そこでの戦いは、アクアにとってつらい痛みを
伴うものとなった・・・

わたし個人の意見ですが・・・
死んだアクアのお母さんと闘わせなくても・・・と思います。
どんな意図があるのかわかりません。
ちょっと・・・気分を害します。
そもそも・・・自分の旦那を殺したハイドラの僕とか・・・ないです。

そもそも・・・
回想シーンでの登場で良かったのでは。
———-
〇アクアのお母さん登場
(シェンメイ)
・・・・・
ようこそ、透魔王国へ。

(アクア)
!!お母様!?
どうして、ここにいるの?
だってあなたは、とっくの昔に・・・!

(シェンメイ)
私は・・・シェンメイ。
透魔王ハイドラ様の忠実な僕。
透魔の眷属の一人です。

(マークス)
何てことを・・・!
透魔王は死んだ人間を
手下にできるとは聞いていたが・・・

(リョウマ)
アクアの母親まで眷属にするだなんて・・・
酷い真似をする。

(アクア)
この人はお母様じゃない・・・
生きていた頃の記憶もない
だだの透魔の眷属だから・・・
・・・そうよね、お母様

(シェンメイ)
お母様?
わけのわからないことを・・・
・・・私にわかっているのはだだ一つ。
あなたがたはここで全員死ぬということです。
全ては透魔王ハイドラ様のご意志のままに。

戦闘後・・・
(アクア)
・・・お母様は私に、
歌を教えてくれたわ。
いいえ・・・それだけじゃない。
命が燃え尽きる瞬間まで、
透魔の歴史を教えてくれた。
カムイと一緒に
闘うことになったのも、
お母様から全てを聞いていたから・・・
私にとってお母様は、
生きる道標を与えてくれた大切な人よ。
・・・でも、もういない。

お母様は死んでしまったの。
見た目がお母様でもそこに心がなければ・・・
死んでいるのと同じことだから・・・